輝きだした男性とプリンター

多岐に渡る種類

オフィスプリンターを選ぶとき、ハイエンドクラスやエントリークラスなど、付いている機能によって比較するとよい。
ハイエンドクラスが最も高機能で、高額であるが、オフィスで使うからといって必ずしもこうしたハイエンドクラスを購入する必要は無い。
プリンターは事業所の種類や、プリンターに求める機能によって選択肢が変わるべきといえる。

ハイエンドクラスのオフィスプリンターには、複合機のプリンターが多く存在している。
複合機とは、スキャン機能と印刷機能が合わさったものである。

また、単一機能のものでも、スタンダードなものから、エントリークラスなどに分かれている。
複合機では出来ない、コンパクトさが特徴である。

複合機のランク

通信の開発は特にめざましく、高機能のハイエンドプリンターには、スマホなどからの通信も可能なものがある。
スタンダードクラスは機能は制限されているが、必要最低限な機能が備わっている。

詳細を確認する

プリンターのメリット

プリンターは基本的に染料インクを使っているため、写真に向いているが、印刷速度が遅いとされてきた。
この問題も技術開発によって解消され、オフィスで使う機器に選択肢が増えている。

詳細を確認する

ハイエンドクラスの特徴

ハイエンドクラスの複合機の特徴としては、通信機能など今オフィスで求められる機能が付いているということである。
印刷速度も他のプリンターに見劣りしないものになっている。

詳細を確認する

単一で印刷に特化する

印刷のためには多くの機能がそれほど必要ない時がある。
パソコンを使って文書作成し、そのまま印刷するという作業が多い会社では、単一のプリンターを揃えていても良いといえる。

詳細を確認する